ワークフローのシステム化による効率向上|システムとサポート

申請及び承認業務の効率化

会社

企業において、申請・承認という作業は必ず行われる業務かと思います。申請・承認業務というのは、企業という組織を運営していくのに必要な業務です。もし、これらの業務がなかったのであれば、上司と部下のすれ違いによる混乱やミスが発覚した際の責任分担不鮮明といった様々な問題が発生します。それらの問題というのは統制が取れていないために発生し、統制を取るための手段として申請・承認業務が存在するのです。しかし、申請・承認業務というのは多くの場合、長い時間を要します。長い時間を要する理由として、申請されてから承認されるまでの長いワークフローが挙げられます。ワークフローというのは工程のことを指し、申請から始まり上長の承認、その他企業内の様々な担当者による検討と承認が必要となるのです。それらの工程を効率化するためには、ワークフローシステムを導入する必要があるでしょう。
ワークフローシステムというのは、申請・承認におけるワークフローをシステム化したものを指します。そのワークフローをシステム化することによって、申請した情報をシステム上で検討及び承認することが可能です。つまり、承認する担当者が出張中であっても、出張先で申請内容を確認し承認することができるようになるということです。また、申請者は申請した内容に関して、現在どの段階まで承認が進んでいるのかをリアルタイムで把握することができます。その情報を把握しておくことで、前もってその申請が承認された後の計画を立てることができるようになるのです。

企業力向上

計算する人

人事給与システムというのは、近年では多くの企業に取り入れられたシステムとなりました。このシステムを導入して得られるメリットというのは、業務効率の向上及びコスト削減、企業力向上と企業にとってメリットなものとなっています。

More Detail

特許申請の注意点

パソコンを操作する人

企業において、知的財産を独占するためには特許申請を行う必要があります。しかし、特許申請にはいくつかの注意点があるため、特許のプロである弁理士と相談しながら申請を行うことをお勧めします。

More Detail

電気設備図面の効率化

システム

電気設備業者が利用する電気設備図面の作図とおいうのは、汎用CADを用いて行われるのが一般的でした。しかし、汎用CADを用いた作図は効率の悪いものです。電気設備CADを導入することで、作図効率を大幅に向上させることができるでしょう。

More Detail